スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
  
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
  
スポンサードリンク
  
<< ACL 日本勢は鹿島のみ決勝トーナメントへ | main | MLB 現役通算勝利数ランキング >>
MLB 現役通算安打数ランキング
category: MLB | author: GT−40X
0

     

     今回は久々にMLBの通算記録の話をしたいと思います。現役選手の通算安打数について見て行きます。

     

     それでは現役通算安打数のトップ30を見ていきます。(2018.4/17現在)

     

     

    順位  選手名  安打数
     1  イチロー  3087
     2

     A.ベルトレ

     3069
     3  A.プホルス  2990
     4  M.カブレラ  2650
     5  R.カノ  2393
     6  J.レイエス  2095
     7  N.マーケイキス  2071
     8  V.マルティネス  2050
     9  A.ゴンザレス  2019
     10  J.マウアー  2002
     11  C.アトリー  1862
     12  I.キンズラー  1833
     13  D.ペドロイア  1802
     14  H.ラミレス  1799
     15  D.ライト  1777
     16  Y.モリーナ  1748
     17  R.ブラウン  1710
     18  R.ジマーマン  1674
     19  C.グランダーソン  1673
     20  A.ジョーンズ  1667
     21  H.ペンス  1658
     22  M.ケンプ  1651
     23  J.ボットー  1603
     24  E.エンカーナシオン  1591
     25  H.ケンドリック  1580
     26  B.マキャン  1494
     27  J.アップトン  1487
     28  E.ロンゴリア  1485
     29  A.マカッチェン  1477
     30  E.アンドルス  1474

     

     

     トップはご存知イチロー選手です。しかし、ベルトレ選手がすぐ間近まで迫ってきています。今季中には順位は入れ替わりそうです。プホルス選手は後10本で通産3000本安打を達成となります。一昨年のイチロー選手、昨年のベルトレ選手に続き3年連続で通算3000本安打達成者が出現しそうです。

     

     4位のカブレラ選手も順調に行けば2019年か2020年のシーズンには達成できそうです。5位のカノ選手は3000本まで残りあと607本です。ペース的には3年後のシーズン中ということになりそうです。この2人の選手は大きな故障さえなければ3000本を達成できそうではあります。

     

     6位以下には昨季通算2000本安打を達成したばかりの選手が並んでいます。10位には先日通算2000本安打を達成したマウアー選手がランクインしています。

     

     カノ選手のあとは3000本に到達できそうな選手はこの表の中にはいないように思います。年齢的な部分がネックになってきます。最近は特に若手選手を優先する傾向があるため、40歳以降のキャリアを築ける選手はごく少数となっています。2000本までは到達できそうですが、3000本までは正直厳しい選手が多いです。

     

     イチロー選手のように20代後半からキャリアを始めて達成できるのは稀で、ほとんどの通算3000本安打達成者は20歳前半の頃からメジャーでしかもレギュラーで活躍していた選手がほとんどです。

     

     となってくると、このランキング外の若手選手に期待がかかります。現在28歳で通算1274安打をマークしており、4年連続でシーズン200安打を続けているホセ・アルテューベ選手、現在26歳で若くしてメジャーを代表するスター選手となった現在通算1060安打のマイク・トラウト選手あたりが順調にキャリアを積めば可能性があるように思います。

     

     この表の中では20位のジョーンズ選手、27位のアップトン選手、28位のロンゴリア選手、29位のマカッチェン選手、30位のアンドルス選手あたりが今後大きな故障も無く40歳を越えてもレギュラークラスで頑張れれば何とか3000本まで到達できるかもしれません。それほど通算3000本安打を達成することは難しいといえると思います。若くしてMLBでレギュラーを獲得し、尚且つ長く安定したキャリアを築いてはじめて到達できるのが3000本という数字と言えそうです。

     

     MLBの長い歴史のなかでも過去に31人しか達成していない通算3000本安打という記録ににプホルス選手は間もなく届こうとしています。プホルス選手の歴史的な記録達成の瞬間を楽しみにして待ちたいと思います。

    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






     
    スポンサードリンク
    COUNTER
    本日
    昨日
        
    SEARCH

    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク