スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
  
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
  
スポンサードリンク
  
<< 2018 J1 第9節の試合結果 | main | "鉄人" 衣笠祥雄氏 死去 >>
MLB 大谷翔平選手 初の4番に 他
category: MLB | author: GT−40X
0

     

     今回は最近の日本人メジャーリーガーの情報を振り帰っていきます。


     まずはロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手からです。

     

     まずは4/17のボストン・レッドソックス戦に投手として先発登板しました。しかし立ち上がりからコントロールが安定せず、ベッツ選手に一発を浴び初回からいきなり失点します。2回にもホルト選手にタイムリーを浴びるなど2失点。この回まででマウンドを降りる事となりました。右中指にマメが出来たので大事をとってとの事です。結局、2回4安打3失点で初黒星を喫しました。チームも1-10で完敗しました。

     

     その後、4/19のレッドソックス戦では今度は6番・DHで出場。しかしこの試合では3三振を喫するなど4打数無安打に終わりました。次の日のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦にも6番・DHで出場。この試合では2安打を放ち4度目のマルチヒットを記録しました。

     

     その次の日のジャイアンツ戦は左ピッチャーのホランド投手が先発ということでソーシア監督は打線に右打者をズラリと並べる布陣に。大谷選手は先発を外れて出番無しでした。

     

     そして4/22のジャイアンツ戦ではなんと4番・DHで出場。好投手のクエト投手と対戦しました。1、2打席はクエト投手の貫禄が勝って2打席連続三振を奪われますが、第3打席はタイミングを狂わされながらもうまくバットをコントロールしてライト前にヒットを放ちます。第4打席は凡退しこの日は4打数1安打となりました。

     

     ここまで打者としては打率.333、3本塁打、11打点とまずまずの成績を残しています。4/24には投手としてアストロズ戦に先発登板する予定です。投手として昨季の覇者アストロズの打線相手にどんな投球を見せるか楽しみであります。

     

     


     

     それでは、日本人メジャーリーガーの他の先発投手達の最近の登板について振り返ります。

     

     4/17にニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手がマイアミ・マーリンズ戦に先発登板しました。しかし、初回からいきなりマーリンズ打線に捕まり、味方のエラーもあって3失点。2回にも点を失い、5回にはリアルミュート選手にライトスタンドに3ランを放り込まれてしまいます。結局この回までで降板しチームも1-9で敗戦、5回8安打7失点で2敗目を喫しました。

     

     4/18にロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手がサンティアゴ・パドレス戦に先発登板しました。序盤から打線の援護を受けるなか、2回に1死満塁とピンチを迎えます。その後押し出し四球と犠牲フライで2点を失います。3回にもアスアヘ選手に2点タイムリー2塁打を浴び2失点。しかし味方の大量援護に守られて6回途中まで投げ、5回2/3を8安打10奪三振4失点で今季2勝目をマークしました。チームも13-4で大勝しました。

     

     そして4/21にはシカゴ・カブスのダルビッシュ有投手がコロラド・ロッキース戦に先発登板しました。ダルビッシュ投手は4回までは相手打線を1安打に抑える好投を見せますが、2−0の5回に突如崩れます。四球から2死1、2塁とすると、タイムリー2塁打と2点タイムリーを浴びて逆転を許すと、その後も四球を与えてからアレナド選手とストーリー選手にも連続タイムリーを浴びまさかの5失点。KOされてマウンドを降りることとなりました。チームも2−5で敗戦。4回2/3を5安打5失点で2敗目を喫し、またしても移籍後初勝利はなりませんでした。今回も5回に崩れるパターンで少し気になる所です。

     

     


     

     救援投手ではダイヤモンドバックスの平野佳寿投手が4ホールド目をマークするなどいい働きを見せています。こちらも今後注目していきたいところです。現役最年長野手のイチロー選手も4/22の試合では3打数2安打2四球のマルチヒットを記録するなど頑張っています。日本人メジャーの活躍にこれからも注目していきたいと思います。

     

     最後にこれは日本人メジャーとは関係ないですが、MLBでの最近の快挙についてです。

     

     4/21にオークランド・アスレチックスのショーン・マナイア投手がレッドソックス戦で今季MLB初のノーヒットノーランを達成しました。強力なレッドソックス打線相手に10奪三振と見事な投球で完全に封じての偉業達成となりました。昨季の6月3日にマイアミ・マーリンズのエディソン・ボルケス投手がマークして以来の快挙です。

     

     今回の記事はこのあたりで終わりたいと思います。

    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






     
    スポンサードリンク
    COUNTER
    本日
    昨日
        
    SEARCH

    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク