スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
  
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
  
スポンサードリンク
  
<< ロシアW杯 日本代表メンバー発表 | main | 海外リーグ所属の日本人選手の今季 >>
今季の欧州主要リーグを振り返る
category: サッカー | author: GT−40X
0

    JUGEMテーマ:欧州サッカー

     

     欧州各国リーグ、そしてチャンピオンズリーグの決勝も終わり、ロシアW杯に向けての準備が進んでいます。今回は今季の欧州主要5リーグを振り返っていきます。

    イングランド プレミアリーグ

     

    • リーグ戦優勝 マンチェスター・シティ
    • FA杯優勝  チェルシー
    • リーグ杯優勝 マンチェスター・シティ

     

     圧倒的な強さでマンチェスター・シティが今季のプレミアリーグを制しました。マンチェスター・シティと2位のマンチェスター・ユナイテッド、3位のトッテナム・ホットスパー、4位のリヴァプールが来季CLグループステージ出場権を得ました。5位チェルシーがFA杯を制したため、6位のアーセナルと共にELグループステージ出場権を獲得。マンチェスター・シティがリーグ杯を制している為、6位バーンリーがEL予選2回戦から出場となりました。

     降格はスウォンジー・シティ、ストーク・シティ、ウエストブロムウィッチの3チーム。吉田麻也選手が所属するサウサンプトンは17位で何とか降格を免れました。

     得点王は32得点をあげたリヴァプールのモハメド・サラー選手でした。

     

     

    イタリア セリエA

     

    • リーグ戦優勝  ユヴェントス
    • イタリア杯優勝 ユヴェントス

     

     ユヴェントスとナポリのマッチレースとなった今季のセリエAを制したのはユヴェントス。7連覇を達成しました。イタリア杯も制して今季2冠を達成。ユヴェントスと2位ナポリ、3位ローマと4位に最後滑り込んだインテルが来季CLグループステージ出場権を獲得。5位ラツィオと6位ACミランが来季ELグループステージ出場権獲得。7位アタランタがEL予選2回戦から出場となりました。

     降格はクロトーネ、ヴェローナ、べネヴェントの3チームとなりました。

     得点王はインテルのマウロ・イカルディ選手とラツィオのチーロ・インモービレ選手で29得点でした。

     

     

    フランス リーグ・アン

     

    • リーグ戦優勝   パリ・サンジェルマン
    • フランス杯優勝  パリ・サンジェルマン
    • リーグ杯優勝   パリ・サンジェルマン

     

     今季に向けてネイマール選手を獲得するなど大型補強を敢行したパリSGが3冠を制しました。そのパリSGとASモナコが来季CLグループステージ出場権を獲得。3位のリヨンがCL予選3回戦から出場。4位の酒井宏樹選手が所属しているマルセイユと5位レンヌが来季ELグループステージ出場権を獲得し、6位のボルドーがEL予選2回戦から出場となりました。

     降格はトロワACと川島永嗣選手が所属するFCメス。18位のトゥールーズは入れ替え戦に勝ち、辛くも残留を決めました。 

     得点王は28得点をあげたパリSGのエディンソン・カバーニ選手が獲得しました。

     

     

    ドイツ・ブンデスリーガ

     

    • リーグ戦優勝  バイエルン・ミュンヘン
    • ドイツ杯優勝  フランクフルト

     

     リーグ戦は今季もバイエルン・ミュンヘンが制し、6連覇を達成。このバイエルンと2位シャルケ03、3位のホッフェンハイム、4位の香川真司選手が所属するボルシア・ドルトムントが来季CLグループステージ出場権を獲得。5位レバークーゼンが来季ELグループリーグ出場権を獲得。6位のRBライプツィヒがEL予選2回戦から出場。8位の長谷部誠選手、鎌田大地選手が所属するフランクフルトがドイツ杯を優勝した為ELグループリーグ出場権を獲得しました。

     降格は大迫勇也選手が所属する1.FCケルンと酒井高徳選手と伊藤達也選手が所属するハンブルガーSV。16位のヴォルフスブルクは入れ替え戦に勝利し残留を決めています。

     得点王はバイエルン・ミュンヘンのロベルト・レヴァンドフスキ選手が30得点で獲得しました。

     

     

    スペイン リーガ・エスパニョーラ

     

    • リーグ戦優勝  FCバルセロナ
    • 国王杯優勝   FCバルセロナ

     

     今季はFCバルセロナが独走で優勝を決めました。2位はELを制したアトレティコ・マドリッド、3位はCL3連覇達成したレアル・マドリッド。4位のバレンシアまでが来季CLグループリーグ出場権を獲得。国王杯をバルセロナが制した為、5位のビジャレアル、6位のベティスが来季ELグループリーグ出場権を獲得。7位のセビージャがEL予選2回戦から出場となりました。

     降格はデボルティーボ・ラ・コルーニャ、ラス・パルマス、マラガの3チームとなりました。

     得点王は34得点でリオネル・メッシ選手が獲得しました。

     


     

     今季は本命チームが順当な強さを発揮したシーズンであったと思います。今回は簡単にですが各主要リーグを振り返ってみました。そして4年に一度のビッグイベント、ワールドカップがロシアで行われます。今季リーグ戦等で活躍した選手達が国別に分かれてプレーします。今回はどのような大会になるのか非常に楽しみです。今回の記事はここまでとしたいと思います。

     

    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






     
    スポンサードリンク
    COUNTER
    本日
    昨日
        
    SEARCH

    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク