スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
COUNTER
本日
昨日
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
     
    
スポンサードリンク
<< 選手と監督の問題について | main | 天皇杯2回戦&ルヴァン杯プレーオフステージ(追記あり) >>
NPB 交流戦 これまでの経過
category: プロ野球 | author: GT−40X
0

    JUGEMテーマ:プロ野球全般

     

     交流戦も3カードを消化し、4カード目に突入しています。これまでの経過を振り返ります。

     

     まずは現時点の交流戦の順位表です。

     

    順位 チーム名  勝率  勝  負  分  ゲーム差
      1  西武  .778  7  2  0    ―
      2

     ヤクルト

     .778  7  2  0  0.0
      3  ソフトバンク  .667  6  3  0  1.0
      4  オリックス  .667  6  3  0  1.0
      5  日本ハム  .556  5  4  0  2.0
      6  ロッテ  .556  5  4  0  2.0
      7  広島  .444  4  5  0  3.0
      8  中日  .400  4  6  0  3.5
      9

     DeNA

     .375  3  5  0  3.5
     10  巨人  .300  3  7  0  4.5
     11  阪神  .250  2  6  0  4.5
     12  楽天  .222  2  7  0  5.0

     

     

     西武が現在首位となっています。5月は失速気味でしたがエースの菊池雄星投手も戻ってきて再び盛り返す気配です。そして、2位にヤクルトがつけています。交流戦期間中に7連勝で首位とゲーム差なしの2位と大健闘です。そして今季もパ・リーグのチームの強さが目立ちます。楽天以外の5チームが上位に並んでいます。今季もやはりパ・リーグが優位で進んでいきそうです。

     

     それでは、現時点のセ・パ両リーグの順位表を見ていきます。 

     

     

    セントラル・リーグ順位表

    順位  チーム名  勝率  勝  負   分  ゲーム差
      1  広島 .585 31 22  1  
      2  阪神 .481 25 27  0   5.5
      3  DeNA .480 24 26  2   5.5
      4  中日 .464 26 30  1   6.5
      5  ヤクルト .462 24 28  1   6.5
      6  巨人 .455 25 30  1

      7.0

     

     

    パシフィック・リーグ順位表

    順位  チーム名  勝率  勝  負  分 ゲーム差
      1

     西武

    .630 34 20  0  
      2  日本ハム .571 32 24  0   3.0
      3  ソフトバンク .527 29 26  0   5.5
      4  オリックス .518 29 27  1   6.0
      5  ロッテ .481

    26

    28  0   8.0
      6  楽天 .345 19 36  1  15.5

     

     

     セ・リーグは広島のみが5割を超えています。交流戦は負け越していますが、他のチームもヤクルト以外は負け越していますので差が縮まっていません。2位から6位までは1.5ゲーム差の中で団子状態となっています。特にヤクルトが交流戦が始まるまではやや遅れを取っていましたが、7連勝で一気に他のチームとの差を縮めました。こういうことが起こるのも交流戦期間中ならではということです。

     

     パ・リーグは西武が5月に失速し2位の日本ハムに1ゲーム差まで迫られていましたが、交流戦で調子を取り戻し少し差が開きました。それでも楽天以外の他のチームも交流戦は勝ち越していますので突っ走ることは難しそうです。楽天は5月に少し復調していましたが、交流戦で最下位に沈んでおり他のチームに対して差が広がってしまいました。これも交流戦期間中の恐ろしい所です。

     

     交流戦では同じリーグの他のチームが負けて、自チームが勝てば全てのチームと差が縮まります。逆に自チームが負けて同リーグの他のチームが全て勝ってしまうと一気においていかれます。この交流戦をどう乗り切るかはペナントレースに大きく影響します。うまく乗り切って後半戦に弾みをつけたいところです。交流戦が終わる時にはどのような状況になっているか、交流戦の優勝争いと共にその点にも注目していきたいところです。今回の記事はここまでとしたいと思います。

    スポンサードリンク
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






     
    サイト内検索

      
    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク