スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
  
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
  
スポンサードリンク
  
<< 先週のスポーツイベント 6/11版 | main | W杯直前 スイス戦&パラグアイ戦 >>
W杯を占う グループリーグA、B、C
category: サッカー | author: GT−40X
0

     

     ロシアW杯開幕まであと少しとなってきました。今回から3回にわたり各グループリーグを見ていきます。

     

    グループA

    • ウルグアイ (14位)
    • エジプト (45位)
    • サウジアラビア (67位)
    • ロシア (70位)

     

     開催国のロシアが入っているこのグループ。実力的にはウルグアイが一歩抜けている感じがします。ルイス・スアレス選手とエディンソン・カバーニ選手の強力2トップが健在でありこの2トップは対戦国にとって非常に脅威です。エジプトはCL決勝で負傷したモハメド・サラー選手が間に合うかどうかがポイントになりそうです。サウジアラビアは監督交代のゴタゴタがあり、実力的にも厳しいか。ロシアはFIFAランキングは一番低いですが自国開催というアドバンテージがあります。若手選手がこの大舞台でブレイクできるかが鍵となりそうです。

     

     

    グループB

    • ポルトガル (4位)
    • スペイン (10位)
    • イラン (37位)
    • モロッコ (41位)

     

     イベリア半島の隣国同士である強豪国が同居するこのグループは、やはりポルトガルとスペインが実力的に優位と思われます。2016欧州選手権優勝国のポルトガルはなんと言ってもクリスチャーノ・ロナウドに注目が集まります。不安は高齢化が進む守備陣か。スペインは前回はまさかのグループリーグ敗退。イニエスタ選手らW杯優勝時のメンバーも残っていますが、その後に台頭してきた若手がチームの中心となりつつあります。前回の屈辱を晴らせるか注目です。イラン、モロッコはこの2チームと比べると実力的には劣りますが、堅い守備で我慢して鋭いカウンターで2強に一泡吹かせて番狂わせを演じたいところです。

     

     

    グループC

    • フランス (7位)
    • ペルー (11位)
    • デンマーク (12位)
    • オーストラリア (36位)

     

     この中ではフランスがやはり実力的に一歩抜きんでています。アントワーヌ・グリーズマン選手やポール・ポグバ選手らワールドクラスの選手が各ポジションにおり、さらにキーラン・ムバッペ選手ら10代の有望な若手選手も次々と現れるなど戦力は充実しています。それを追うのがペルーとデンマーク。実力的にはフランスには劣るものの2位通過は十分狙える実力はあります。オーストラリアはファンマルワイク監督が今年1月に就任。実力的に他の3チームに劣るだけにかつてオランダを準優勝に導いた手腕がどれだけ発揮されるかがポイントとなりそうです。 

     

     


     

     次回はグループD、E、Fを見ていきます。今回の記事はここまでとしたいと思います。

     

    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






     
    スポンサードリンク
    COUNTER
    本日
    昨日
        
    SEARCH

    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク